樹木葬をする意味と方法

バナー

樹木葬をする意味と方法

樹木葬とは自然葬のひとつで、墓石をつくらないでその代りに樹木を墓碑とする葬儀の仕方です。

樹木葬を行う中央に1本樹木を植え、そのまわりに埋葬していったり、遺骨を埋葬するたびに新しく苗木を植えたり、生前から自分用の苗木を育てたりとさまざまな方法があります。
人の魂を自然のサイクルの中に還すという意味もあり、緑に囲まれて眠るのは心地のよいものかも知れません。



遺骨は自然素材で出来た骨壺に入れて、早く自然に還すようにしたり、さまざまな方法が試みられているようです。



個人名を残したい人には、プレートなどに刻字してもらえるタイプの樹木葬を選ぶと良いでしょう。

1度利用料を支払えば、年間管理料などは必要のないところがほとんどで、合同の慰霊祭などを毎年行っている所も多いので、永代供養墓的な意味もあります。

最近話題の読売新聞について知りたいならこちらのサイトは便利です。

お墓を維持していく子孫のいない人や、子孫に迷惑をかけたくない人にも樹木葬は最適と言えるでしょう。


宗旨、宗派も問われない事がほとんどで、生前、信仰のなかった人にも違和感なく受け入れられるのも特徴のひとつです。

しっくり来る方法の樹木葬を行っている所を探しましょう。

散骨との違いは、遺骨を埋葬許可を得て墓地として認可された場所に埋葬する事です。

海洋葬の様にパウダー状にする必要もありません。

また、普通の墓地内への埋葬という事になるので、近隣住民とトラブルになる事も皆無です。


改葬する可能性のある場合は、遺骨を再び個別に取り出す事は不可能な場合が多いので、注意が必要です。

Copyright (C) 2015 樹木葬をする意味と方法 All Rights Reserved.