故人が自然葬を選ぶ理由

バナー

故人が自然葬を選ぶ理由

自然葬とは、お墓ではなく山や海などにかえすことで、自然の循環の中へ戻していくという考え方です。

海などに遺骨を撒く散骨もこの一つです。

人に限らず生き物は自然から生まれ、自然にかえるという大きなサイクルの中にいて、それが一番自然であるという考え方です。



この考えは古くから世界中であることで、日本でも川や山に戻していたとされる書物がいくつも発見されています。

こだわりのコトバンクのための情報を提供するサイトです。

また、お墓をつくることは、人工的な物を自然を壊してつくっているということで、自然破壊に相当するという考え方があります。

そのことから自然葬を推奨する人も最近では増えているようです。



自然葬は、地球環境にも優しいということです。


また、生前に故人が希望することも多いようです。

窮屈な墓石の中にいるよりは、自由に自然の中を駆け巡りたいという願望があるのかもしれません。自然葬はそんな故人の希望を叶え、色々なしがらみから魂を解放させてくれる手段なのかもしれません。

現実的なところでは、残された遺族としても、高価な墓石を買うより望ましいと言えるでしょう。

故人をいつまでも心の中で思い続けることは、お墓があってもなくても同じことです。
人間の気持ちは形のないものですから、それを必ずしも墓石にする必要はないのです。
墓石は物質であり、自然葬は回帰と表現できるかもしれません。

また色々な場所へ遺骨と共に巡ることで、一緒に旅行している気分になることもできるでしょう。
故人の希望を叶えるための旅、思い出をつくるための旅へ出かけていきましょう。

Copyright (C) 2015 故人が自然葬を選ぶ理由 All Rights Reserved.