日本でも広まりつつある海洋葬

バナー

日本でも広まりつつある海洋葬

海洋葬とは、遺骨を自然に還す自然葬のひとつで海に散骨する埋葬方法です。

他にも川や山、空、宇宙などがありますが、特に海洋葬は意識や生活スタイルの変化に伴い日本人にも認知度が上がっている傾向があります。


海への散骨には許可や場所の指定などの厳密なルールはありませんが、遺骨を細かく砕いておくことや、散骨する場所にも配慮するような節度を持つ必要があります。
海洋葬による散骨には大きく分けて個人散骨(チャーター散骨)・合同散骨・代行散骨(委託散骨)の3種類があります。

個人散骨とは、遺族のみで船をチャーターして行うものです。遺族の他に同乗するのは船長と添乗員のみのため気兼ねなく故人を偲ぶことができます。


シチュエーションや場所、式の演出など可能な限り遺族の希望に沿ったものにできるというメリットがあります。

理想の形がある場合は事前に相談しておきましょう。


合同散骨とは、同時に2、3組のグループで船に乗り合わせて行うものです。

グループごとに散骨のタイミングや場所をずらすなどの配慮のもと行われます。


気遣いや日程調整の必要性がありますが、その分金銭的な負担が少なく希望する海洋葬ができるというメリットがあります。

代行散骨とは、事前に散骨社にお骨を預け遺族は乗船せずにスタッフのみで行うものです。



やむを得ない事情などで参加が難しい遺族に代わり散骨することで、希望を叶えられるというメリットがあります。こちらも金銭的な負担が少なく、会社によっては写真で記録してくれるサービスもあるようです。



事前にしっかり内容を確認しておくと安心です。

それぞれの散骨社によってサービス内容や費用などに違いがあるため、希望に合うところを探してみましょう。

Weblio辞書に関しての情報を紹介しているサイトです。

Copyright (C) 2015 日本でも広まりつつある海洋葬 All Rights Reserved.